健康

妊娠中の果物摂取の適量は?成長や知能向上におすすめは?

妊娠中に、妊婦が果物をたくさん食べると、母親の果物摂取量の多さと比例して1歳時の知能も高い傾向があるとの研究結果が、ウォールストリートジャーナルから報道されました。

「たくさん」って、どれくらい?そもそもどれくらいの量が適量なの?何を食べると良いのでしょう?

 

妊婦が果物をたくさん食べると、子供の知能指数が高くなる可能性があるとの研究結果

ウォールストリートジャーナルでは、下記のように報道されました。

妊婦が果物を多く摂取すると、生まれてくる健康な子供の知能指数が高くなる可能性があることが、新たに発表された研究で明らかになった。

カナダ・アルバータ大学の研究グループが同国の688人の子供を調査したところ、妊婦の果物摂取量の多さと比例して、生まれてきた子供の生後1年後の知能が高い傾向があったという。グループは新生児の発達の経年研究をする同国の機関から得られたデータを元に調査を行った。

マンダネ氏の研究は、2008年から2012年にかけてカナダの妊婦3600人を対象として行われた。世帯収入や母親の学歴、ビタミン剤の摂取、母乳で育てたかどうかなどを考慮した他、妊婦の食事に関しては内容やカロリー、そして栄養のバランスなども調査。生まれてきた子供が1歳になる時点で、妊婦の食事が知能発達にどのような影響を与えるのかを研究した。

知能の発達レベルと栄養の項目を調べていくと、果物との関連が目についたという。「ここまで大きな違いが見られることに一番驚いた」と話すマンダネ氏は、分析官からデータを渡された時に再検査をするよう指示したという。なお実験においては、どのタイプの果物が摂取されたかについての情報はあまり含まれていなかった。

乳児の知能発達を調べるにあたっては、広く使われているベイリー・スケールが使用された。テストではコップの下に隠されたコインを子供が覚えているかどうかや、ブロックの積み上げなどを通して検査を実施。その結果、妊娠中の母親が推奨量よりも多くの果物を摂取しているほど子供のテスト結果も高く、その傾向は果物摂取量が推奨の6倍から7倍あたりに到達するまで見られたという。

出典:http://jp.wsj.com/articles/SB11655255021065154097004582282524202821752

とはいえ、いくら果物が良いっていっても、食べすぎは良くありません。

マンダネ氏は「妊婦に大量の果物を摂取してもらいたいわけではない」とし、「これはあくまでも1回の研究であり、果物の摂取増加による健康への影響はまだ調査していない」と語る。

専門家らによると、妊娠中に大量の果物を摂取すると血糖値が上がり、妊娠糖尿病や急激な体重増加などを引き起こす可能性があるという。

じゃあ、果物はどれくらいの量を食べるのが適当なのでしょうか?

 

妊娠中の果物摂取の適量は?

食事バランスガイド

*画像をクリックすると、「食事バランスガイド」全体が表示されます。

厚生労働省および農林水産省が公表している「食事バランスガイド」では、妊娠期・授乳期の適量がわかります。

これによると、妊娠していないときと妊娠初期の適量は1日2個、妊娠中期と妊娠後期は1日3個が適量です。

1個というのは、
みかん1個
りんご半分
かき1個
梨半分
ぶどう半房
桃1個

のことです。

結構多くてビックリ。普段こんなに食べていないと思います。意識しておかないと、なかなかクリアできない目標かも。

 

妊娠中におすすめの果物は?

”具体的にどの栄養素や果物が知能の向上に影響を与えているのか明らかにしてきたいとしている。”

とあり、残念ながら、まだどの果物を食べると脳に良いのかは分かっていないようです。

では、妊娠中に何の果物を食べるといいのでしょう?
妊娠中に食べると良いおすすめの果物をご紹介します。

 

葉酸を多く含むもの

葉酸(ビタミンB9)は「赤ちゃんのためのビタミン」とも言われています。

体の細胞を作るときには欠かせないビタミンの一種であり、細胞の分裂と増殖、組織と臓器の形成、巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)、胎盤早期剥離や流産の防止などの働きがあるからです。

■ライチ

100gあたり100ugの葉酸が含まれ、果物の中で一番葉酸が多いです。

■いちご

いちごには100gあたり90ugの葉酸が含まれ、ライチについで葉酸を多く含みます。

 

便秘対策

■アボガド

女性は好きな方が多いアボガドは、森のバターとも言われ、栄養価がとても優れているので妊娠中におすすめ。

また、食物繊維も非常に豊富で、良質な油分と食物繊維の働きによって、アボカドは便秘解消にも効果的な果物です。

脂肪分が多いので不安に思うかもしれませんが、代謝を高め脂肪を溜め込みにくくしてくれるオレイン酸を多く含む、良質な脂質です。

■パイナップル

パイナップルは食物繊維を多く含む果物です。

しかも、パイナップルにはクエン酸が多く含まれ、身体をアルカリ性にする効果も高く、悪阻の症状を抑えるにはとても良い食材だといわれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中に果物をたくさん食べると、生まれる赤ちゃんの知能向上につながるなんて、知らなかったですよね?

生まれた後では効果がないようなので、妊娠中に果物をたくさん摂取する必要があります。

とはいっても、食べすぎは良くありません。1日2~3個までが適量ですよ。