ラストコップ6話11月12日放送のあらすじと感想!視聴率もチェック

去年のスペシャルドラマ放送後、Huluのオリジナルドラマシリーズとして話題を呼んだ、おバカ刑事ドラマ「ラストコップ」。

30年間の昏睡から覚めた熱血刑事・京極(唐沢寿明)と、ゆとり系若手刑事・亮太(窪田正孝)が、ドタバタと事件を解決するというこのドラマが気になります。

ココでは、11月12日放送の第6話のドラマのあらすじと感想、そして視聴率についてチェックします。

スポンサーリンク

ラストコップ6話11月12日放送のあらすじ

ラストコップ6話11月12日放送の予告動画

翔蘭高校の関係者の自宅が襲われる連続強盗事件が発生し、学校内で潜入捜査をしていた京極(唐沢寿明)と亮太(窪田正孝)。そんな中、翔蘭高校校長の増田の家に強盗が侵入。京極は犯人を追いつめるが、あと一歩で取り逃がしてしまう。

そして、事件現場で増田の遺体が発見され、壁には“3”と描かれていた。増田は、逃げた犯人を追いかけようとして誤って転落死したとみられた。“3”は強盗事件の各現場に残された、カウントダウンを示す数字だった。

京極と亮太は、翔蘭高校での潜入捜査を続行。そんな中、学校の体育館の緞帳に巨大な“2”が描かれるという事件が起こる。この数字は、連続強盗事件のカウントダウンの数字と符合。新たな犯行予告の可能性があった。

松浦(藤木直人)と若山(竹内涼真)は、体操部顧問の香澄に事情聴取を行う。松浦たちは、犯人グループの身のこなしに体操と似た動きがあったことから、体操部関係者に疑いを持っていた。翔蘭高校にはかつて体育科があったが、10年前に廃止。その当時、香澄と、体操部の指導に来ているOB・並木は、体育科の生徒だった。

一方、教育実習生になりすました京極は、熱血指導ですっかり生徒たちの心をつかんでいた。しかし、元体操部の貴志だけは、京極に対して反抗的な態度をとる。

京極は松浦と同じく、強盗事件と体操部には関連があるのではないかと考える。京極は推理をめぐらせた末に「謎はすべて解けた!」と言い放ち、体操部員を集めて犯人を名指ししようとするが…。

京極と亮太は体操部に入部することになったりと学校生活を満喫するものの、肝心の捜査はなかなか進展しない。そんな中、新たな強盗事件が発生し…。

出典:http://www.ntv.co.jp/lastcop/story/06.html

体育教師役として、なんとリオオリンピック競泳の銅メダリスト・松田丈志さんがゲスト出演しました!

そして、名言『手ぶらでは帰らせない』も出たーー!

なんでオリンピック選手がドラマ出演?!どういう流れでそんな仕事をしたのかも気になりますね~。

そして、6話の動画は、Huluで見ることが出来ますよ~!

ラストコップ6話11月12日放送の感想

5話に引き続き窪田正孝の学生服姿が見られましたね~。すでに28歳らしいのですが、ぜんぜん違和感ないのがスゴイ。

そして、桜井日奈子のメガネ&制服姿に、佐々木希の保健の先生姿など、もはやコスプレといった感じも無きにしも非ず。男性ファンは嬉しかったんじゃないかな~?

ではでは、みんなの感想をチェックしてみましょう。まずは、ドラマ全体の感想から。

リオオリンピック競泳の銅メダリスト・松田丈志さんへの反応は、

ラストコップ6話11月12日放送の視聴率

さて、気になる視聴率。これまでの視聴率は、

1話 8.6%

2話 7.4%

3話 8.0%

4話 9.8%

5話 7.6%

・・・と、10%の大台に乗るか?!というところまで来て、前回はいきなりの失速となってしまいました。前回5話の続きということで、今回6話の視聴率はどうなんでしょう・・・分かり次第情報を更新しますね。

(追記)
ラストコップ6話の視聴率がわかりました!

6話 9.4%

おおおおっ!また9%台に乗りましたね。このまま上がっていくといいですね。

まとめ

毎週土曜放送の日テレ系ドラマ「ラストコップ」の6話・11月12日放送のあらすじと感想、視聴率をチェックしました。

次回は、なんと「レンタル救世主」とのコラボだそうですよ!どうなるのか楽しみ~。

ラストコップ7話11月19日放送のあらすじと感想!視聴率もチェック

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*