レオン・ラッセルの訃報!死因や病名は何?

アメリカのシンガーソングライター・レオン・ラッセルが亡くなったという訃報ニュースが飛び込んできました。

エリック・クラプトンなど多くのミュージシャンに多大な影響を与えてきた、世界的ミュージシャンのレオン・ラッセルの死を悼む人は数え切れないことでしょう。

いったい何故亡くなってしまったのか、病気だったのか、死因をチェックしてみました。

スポンサーリンク

レオン・ラッセルのプロフィール

レオン・ラッセル

名前:レオン・ラッセル(Leon Russell、本名Claude Russell Bridges、)

生年月日:1942年4月2日(74歳)

出身:アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン

十代の頃からキーボーディストとして活動を始め、同郷のデヴィッド・ゲイツ(後のブレッドのメンバー)等とバンドを組む。

1970年に発売された「ソング・フォー・ユー」は、レオン・ラッセルの代表曲となり、レイ・チャールズ、カーペンターズなどにカバーされた。

レオン・ラッセルの死因は?

死因は公表されていませんが、テネシー州ナッシュビルの自宅で就寝中に亡くなってます。

近年のレオン・ラッセルは、健康に問題を抱えていました。2010年には脳の手術を受け、今年2016年の7月には心臓発作を起こして手術をしてました。

手術後の回復に数週間が必要で、9月18日から予定されていたライヴ・ツアーは新たなスケジュールで行われると発表されていました。

就寝中に、心臓発作など心臓に異常が出たのかもしれません。

様々なミュージシャンがレオン・ラッセルの訃報に追悼コメント

レオン・ラッセル(Leon Russell)の訃報を受けて、さまざまなミュージシャンが、ツイッターやFacebookページで追悼のコメントを寄せています。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*