家政夫のミタゾノ4話11月11日放送のあらすじと感想!視聴率は?

TOKIOの松岡君の女装で話題の、毎週金曜夜11時15分から放送のドラマ「家政婦のミタゾノ」。深夜枠ですが、視聴率数パーセントをとっていて、そこそこ好調です。

今回は、先ほど11月11日に放送された「家政婦のミタゾノ」4話のあらすじと感想、視聴率をチェックします!

スポンサーリンク

家政婦のミタゾノ4話11月11日放送のあらすじ

ミタゾノ
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0004/

三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣された豪華な邸宅――そこは主の勅使河原忠(森下哲夫)と美津子(中村静香)という若い女性が暮らす、新婚ホヤホヤの愛の巣だった。

ちょうど勅使河原が「ふたりきりで暮らしたいから出ていって欲しい」と息子の章一(林泰文)やその妻・益美(西尾まり)たちに伝えていたところに、三田園たちが到着。美津子が結婚したのは財産目当てではないかと訝しむ益美は、彼女が不審な行動をしないよう、見張り役も兼ねて三田園を雇うことにしていたのだった。

三田園たちの登場と同時に、勅使河原家では朝食のことで美津子と益美が一触即発状態に…!

朝からハンバーグを用意したという美津子に対し、「そんな高カロリーで塩分の高いものを!」と激怒する益美。さっそく三田園は10分でつくれるヘルシーな「オムレタス」を作り上げ、一同を感心させることに成功する。

その後も相変わらず美津子は勅使河原に対して愛があるのか無いのかわからない行動を繰り返し、益美たちはますます疑心暗鬼に。三田園も家事を進めながら、少しずつ勅使河原家の内情を探り始める…。

その夜、えみりと三田園の話を聞いた『むすび家政婦紹介所』の結頼子(余貴美子)たちは、美津子のことを“後妻業のプロ”ではないかと推測する。老い先の短い男性と懇ろになり、遺産だけをもらっていく=後妻業。果たして美津子の目的は勅使河原の遺産なのか…?
やがて三田園は美津子の思惑、そして勅使河原家に隠されたもうひとつの秘密を知ることになり…?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0004/

家政婦のミタゾノ4話11月11日放送の感想

うーーーん、ドラマとは言え、この二人が夫婦っていう設定が、いまいち入ってこなかったんですけど・・・。

この妻の美津子役の中村静香ちゃんがぶりっこ妻を演じてましたが、役にはまっていたし、女性からみても可愛かったです。ショートカットが似合うなぁ。

そして、松岡昌宏演じるミタゾノの女装も見慣れて違和感なくなってきました。話も面白いですよね。深夜枠なので、視聴率は毎回数%程度ですが、ゴールデン枠でもいけたんじゃないかって思います。

家事のマル秘テクニックは、手垢汚れを落とす方法。水に対して1%の分量のセスキ炭酸ソーダを混ぜて作った、「セスキ炭酸ソーダ水」を作って、それを含ませたメガネふきで拭くのが良いんだって。

めがね拭きだと、壁紙も傷つけずにお掃除できそうだから、やってみよう!セスキ炭酸ソーダは、100均でも売ってて安いしね。

ではでは、みんなの感想をチェックしてみましょう!

まずはドラマの感想から。

松岡君の女装については

中村静香ちゃんへの反応は?

家政婦のミタゾノ4話11月11日放送の視聴率

第1話 8.2%

第2話 6.7%

第3話 7.5%

まだ出ていないので、分かり次第情報をUPします!2話で少し落ち込み、3話でちょっと盛り返してきてます。評判は悪くないので、前回の7.5%は死守できるのではないでしょうか?

(追記)第4話の視聴率が分かりました!

7.6%

あらら・・また7%台です。

家政婦のミタゾノ5話11月18日放送の予告動画

というわけで、次回のお話も期待できますね~!

松岡君の回し蹴りもみられます!

まとめ

家政婦のミタゾノ4話11月11日放送のあらすじと感想、視聴率についてチェックしました。

次回も楽しみですね!

家政夫のミタゾノ5話11月18日放送のあらすじと感想!視聴率は?

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*