家政夫のミタゾノ7話12月2日放送のあらすじと感想!視聴率は?

家政夫というべきなのか、家政婦なのか?テレビ朝日系列の金曜ドラマ『家政夫のミタゾノ』、はまってます~。そういう方もおおいのではないでしょうか?

では早速、12月2日放送の『家政夫のミタゾノ』第7話のあらすじと感想、気になる視聴率をチェックしましょう~。

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送の予告動画

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送の予告動画はこちら↓です。

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送のあらすじ

100年続く老舗干物店『松丸商店』の社長・松丸保志(温水洋一)宅から依頼を受けた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。ぎっくり腰になってしまった妻の聖子(濱田マリ)に代わり、3日後に控えた法事の準備をするため、住み込みで手伝いをすることになる。
広さは十分だがとにかく古い松丸家を「幽霊屋敷みたい…」と怖がるえみり。普段は何事にも動じない三田園も、どうやら幽霊にだけは少し怯えているようで…!?
些細な物音にさえも怯えながら迎えた翌朝、聖子の娘・りん(新井美羽)は「幽霊を見たことがある」と三田園たちに告白。「不思議なことがいっぱいあるのが人生だってお父さんとお母さんが言ってた」とあっさりと幽霊の存在を認めるりんに対し、三田園はこの家に潜む怪しい空気を敏感に察知する。
一方で、誰も居ないはずのトイレから物音がする、とえみりが聖子に報告していた。止まったままだったはずの柱時計がいきなり動き出したり、これまでにも家政婦がすぐに辞めてしまったり、と不可解な出来事が頻発していたことを知ったえみりは、本当にこの家には幽霊がいるのではないか、と指摘し…?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0006/

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送のゲスト出演者

家政夫のミタゾノ7話のゲスト出演者は、温水洋一、濱田マリ、子役の新井美羽ちゃん。

温水洋一が幽霊役・・・?

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送の感想

「家政夫のミタゾノ」を見る前は、「家政婦のミタ」とか、「家政婦は見た」のドラマのイメージが強かったけど、ぜんぜん違うよね。

家庭の問題を扱うから、ちょっとしたヒューマンドラマでもあり、影ながらその問題を解決してしまうスーパーマン的な要素もあり、おまけに「伊藤家の食卓」みたいなプチ情報もあり、今までになかったタイプのドラマで、そういう意味でも面白い。もちろん、ストーリーだけとっても面白いよね。

そして今日も最終的にはめでたしめでたしのハッピーエンドになりました~。まぁ、いつもそうなるって分かってるけど、ストーリーの最後の最後でのどんでん返しだから、最後まで引き込まれて目が離せない~。

で、今回は、幽霊屋敷のお話です。

さすがのミタゾノも、幽霊には弱い?!異常に怖がってました。

幽霊より温水洋一のオンパレードが怖かった~。

あ、そうそう、ストーリーではないんだけど、何人で同時に同じ干物を箸でつついてて、えっ?!って思っちゃいました。

このあと、12月3日(土)の深夜3:20から、第1話の再放送と最終回の未公開映像が放送されるよ~!

家政夫のミタゾノ7話12月2日放送の視聴率

これまでの視聴率は、

第1話 8.2%

第2話 6.7%

第3話 7.5%

第4話 7.6%

第5話 8.0%

第6話 7.7%

第7話は挽回できるか?!視聴率は、分かり次第情報をUPしますね。

(追記)

第7話の視聴率は、7.6%!

うーん、何とかキープといったところですね。

家政夫のミタゾノ8話12月9日放送の予告動画

なんと、次回は最終回なんです!

まとめ

家政夫のミタゾノ8話12月9日放送あらすじと感想、視聴率についてチェックしました。

今週もおもしろかった~!次回は最終回!ミタゾノの過去がついにあきらかに?!見逃せないわ!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*