家政夫のミタゾノ6話11月25日放送のあらすじと感想!視聴率は?

TOKIOの松岡君が女装して家政夫(家政婦?)になって主演している、テレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』が、ついに6話です。

引き込まれるストーリーで、毎回楽しみで見てしまいますよね。

では早速、11月25日放送の『家政夫のミタゾノ』第6話のあらすじと感想、気になる視聴率をチェックします。

スポンサーリンク

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送の予告動画

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送の予告動画はこちら↓です。ミタゾノのカツラがスポーンと?!

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送のあらすじ

ミタゾノ
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0006/

花田えみり(清水富美加)の中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)から、むすび家政婦紹介所に依頼が入る。だが、えみりはちょうど退職を決意したところだった。

退職を了承した結頼子(余貴美子)は代わりに三田園薫(松岡昌宏)を八重子の家へ派遣しようとするが、恩師が三田園にひどい目に遭わされては大変、と「この仕事を最後にします」と宣言。みずから名乗り出て、八重子の家へ向かう。

しかし既に八重子の家には三田園の姿が。家の中を見回し、何かを探ろうとする三田園にえみりは「先生のことを追い詰めたら絶対に許しませんからね!」と釘を刺すのだった。

歴代の教え子たちからの信頼も厚く、まさに絵に描いたような“理想の教師像”の八重子。えみりは「あんなにみんなから慕われているんだから、あなたが喜ぶような隠し事はありません」と三田園を牽制する。

しかし三田園は八重子が、もしかしたら免許を持たないニセ教師なのではという情報をつかみ、破壊行動を開始しようとする!恩師を守るためにえみりは、ついにミタゾノの秘密を暴こうと…カツラを奪いとる!?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0006/

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送のゲスト出演者

6話のゲスト出演者は浅田美代子。

ミタゾノ
出典:http://www.tv-asahi.co.jp/mitazono/story/0006/

天然ボケのイメージが強い浅田美代子ですが、教師役をどうこなすのかな?

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送の感想

清水富美加ちゃん、可愛いですよね。いつも思うけど、堀北真希ちゃんに似てる。そう思うの私だけかなぁ。

6話では、セーラー服姿が!

清水富美加ちゃんが可愛くて、見るたびにファンになってしまいます。

そんな清水富美加ちゃん、ミタゾノの秘密を暴いてしまうんでしょうか?

まさか、今日のMステにミタゾノが出演してたって知ってました?

見られなかったけど、動画をアップしてくれている人がいましたよ!

さてさて、ドラマの感想です。

今回も、クスッと笑ってしまう場面がいっぱいありましたね。

中学生が、恋ダンス踊ってたって気が付いた?

浅田美代子、老けたね~。水にぬれたシーンなんか特に・・・。
「はい、注目~!」「信じるという字は~」「バカチン」って、金八っぽかった。

いつものことながら、ラスト15分の大ドンデン返しが、意外。・・・今回は、ちょっとかなしい話だったなぁ。

にしても、「夫 + ¥ = 美」って~!えええ?って思ったら、最後の最後で、あー、布石だったのかって、今気が付いたわ。

そして、余貴美子の最後のセリフが気になる!「あなたが本当に壊したかったものは、えみりちゃんの家じゃないの?」

予告を見て、ミタゾノの秘密が何か暴かれるのかと思いきや、ぜんぜんでしたね~。ミタゾノが何者なのか、いつ明かされるんでしょうね。なんで女装して家政婦してるのか・・・。

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送の視聴率

これまでの視聴率は、

第1話 8.2%

第2話 6.7%

第3話 7.5%

第4話 7.6%

第5話 8.0%

第6話の視聴率は、分かり次第情報をUPします。8%台をキープできるか?!

(追記)

第6話 7.7%

惜しい~!ちょっと下がって8%台をきってしまいました。

家政婦のミタゾノ7話12月2日放送の予告動画

まとめ

家政婦のミタゾノ6話11月25日放送のあらすじと感想、視聴率についてチェックしました。

次回7話も絶対に面白いはず!みんなで来週も見ましょうね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*