曜変天目茶碗とは?画像もチェック!なんでも鑑定団値段はいくら

これまで世界に3つだけと言われてきた幻の焼き物「曜変天目茶碗」の4点目が、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」で発見されたと話題になっていますね。

番組始まって以来、最大のお宝発見だそうです。

12月20日に「なんでも鑑定団」で放送される予定になっている、その4つ目の「曜変天目茶碗」がどんなものなのか、写真をチェックしてみました。

また、このお宝はいったいいくらと鑑定されたのでしょうか?

スポンサーリンク

4つ目の「曜変天目茶碗」発見の経緯

幻の4点目の「曜変天目茶碗」は、骨董好きの依頼人の曽祖父が、明治時代に戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて買い求めた大量の骨董の一つだ。

入手した骨董の大半は昭和20年の大空襲で焼失したものの、お宝は郊外の資材置き場にしまいっぱなしだったため無事だった。

30歳で茶碗を譲り受けた依頼人。当初は興味がなく押入れにしまいっ放しだったが、最近気になり調べたところ、価値の高い天目茶碗との可能性がでてきた。本当に価値があるか知りたく、今回「なんでも鑑定団」に鑑定を依頼したという。

もともとは中国で焼かれた雑器だが、室町時代に日本にわたり、その美に魅了された茶人たちの間で人気となった天目茶碗。その中でいちばん珍重されているのは、窯の中で偶然うわぐすりが変化し、美しい文様を呈した曜変天目。文様は偶然の産物であり、再現するのは極めて困難とされている。

現在する3点の曜変天目はいずれも国宝で、生産地の中国にも現存しない。現在、曜変天目茶碗の一つを所蔵する藤田美術館によれば「室町時代の文献にも最上のものとされています」という。

時の権力者に愛された茶碗で、織田信長が所有した曜変天目は本能寺の変で焼失したとされている。

天目茶碗を調べた鑑定士の中島誠之助は「鑑定団始まって以来、最大の発見」と断言した。「曜変天目茶碗」はいずれも国宝であり、文字通り国宝級の発見となる。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00010002-bfj-ent

「曜変天目茶碗」とは?

天目茶碗は、中国の宋代に福建省建陽県水吉鎮の建窯(けんよう)などで作られた鉄釉(てつゆう)のかかった茶碗のことである、日本から浙江省の天目山の禅院に留学した僧たちが、喫茶の習慣とともに持ち帰り、天目山の茶碗を「天目」と呼び習わしていたことが由来とされている。

「曜変天目」とは、黒釉の表面に大小の斑紋が現れ、虹のようにきらめくものをいい、現在では全世界に大徳寺龍光院、静嘉堂文庫、および藤田美術館が所蔵する3点しか遺されていない。

現在、世界で3椀しか現存しない曜変天目茶碗だが、記録によればもう1碗あったと思われる。足利義政から織田信長へ贈られ、時の最高権力者に所有された天下第一の名椀があった。しかし、信長はこれを愛用し持ち歩いたため、本能寺の変で他の多くの名器と共に焼失してしまったようだ。

出典:http://www.bell.jp/

今回見つかった4つ目は、信長が使っていたものなんでしょうか?!

「曜変天目茶碗」の画像

そんな貴重な茶碗ってどんなものなんでしょう?実物を見てみたいですよね~!画像はこちらです。

まずは、すでに発見されている3つの「曜変天目茶碗」。

曜変天目茶碗
出典:http://www.bell.jp/

そして、「なんでも鑑定団」で鑑定された4つ目の「曜変天目茶碗」はこちら。

曜変天目茶碗

曜変天目茶碗

戦国武将三好長慶の家計図や家紋の付いた箱などもあり、三好長慶が足利家から譲り受けたもので間違いないとのことでした。

曜変天目茶碗家計図

4つ目の「曜変天目茶碗」の鑑定結果の値段は?

これまで放送された「なんでも鑑定団」で鑑定されたもので高価なものは、

  • 坂本龍馬の手紙2通(4000 万円)
  • 巨匠レオナール・フジタが描いた「日本のモナ・リザ」と称賛された絵(3000 万円)
  • 日本最古の郵便物(3000 万円)
  • マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億 5 000万円)

など。でも、今回はさらにすごいんだそう。ということは、1億5000万円より上ってことですね?!

すご~い。

鑑定結果は、番組放送後に追記いたします!

(追記)

鑑定結果がでました。お値段は・・・

2,500万円

・・・あれ?

鑑定士の中島誠之助が、番組 22 年の歴史の中でも『最大の発見』と大絶賛していたわりには、安いですね。

これがもし、秀吉や家康が使っていたものだったら、国宝になるんだそう。

ちなみに、最上とされる曜変天目茶碗である稲葉天目は、大正7年に16万8000円で売買されたとのこと。これって、現在の貨幣価値に換算すると、約16億8000万円!すごーーーい。

まとめ

世界で4つ目が発見された曜変天目茶碗とはどんな茶碗なのか、「なんでも鑑定団」での鑑定結果の値段はいくらなのかをチェックしました。

お茶碗1つにン千万とかン億だなんて、信じられない~!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*