ニンテンドースイッチのリージョンロックフリーとは何?オンラインサービスとは?

任天堂が、3月に発売するNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)に、リージョンロックをかけないと発表しましたね!・・・って、リージョンロックって、そもそも何なのでしょうか?

また、オンラインサービスは、秋までは無料でそれ以降は有料になるとか。オンラインサービスで何ができるのでしょう?チェックしてみました。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの発売日と値段

ニンテンドースイッチの発売は3月3日。

価格は29,980円(税別)と発表されました。

Nintendo Switchに含まれるのは、

Nintendo Switch本体、

Joy-Con(L)/(R)、

Joy-Conストラップ×2、

Joy-Conグリップ、

Nintendo Switch ドック、

HDMIケーブル、

専用ACアダプタ。

別売りで、Nintendo Switch Proコントローラー(価格未発表)が発売される予定です。

任天堂がニンテンドースイッチにリージョンロックをかけないと発表

ニンテンドースイッチのリージョンロックとは何?

リージョンって英語で書くと「Region」。「Region」っていうのは日本語訳にすると「地域」という意味です。

リージョンロックってなんでしょう?

実は、ゲームに限らず世界中で発売されている映画やドラマのDVDソフトウェアと、DVDプレーヤーやレコーダーなどのハードウェアには、リージョンコードというものが設定されています。

リージョンコードとは、世界の地域別に設定されているコード番号のこと。

通常、ソフトウェアとハードウェアのリージョンコードが一致しないと再生が出来ない仕組みになっています。

ちなみにリージョンコードは下記の通り。

ALL(0) :世界。どのリージョンでも利用可能で、実際には下記の1~8すべてが許可された設定を指す。リージョンを表す正規のロゴは「ALL」。「0」は便宜上一般的に呼ばれているもので、DVD規格上のコードではない。

1 :バミューダ諸島、カナダ、アメリカ合衆国 およびその保護下にある地域

2: 中東諸国、西ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、エジプト、フランス保護領、グリーンランド、日本、レソト、南アフリカ および スワジランド

3 :東南アジア、香港、マカオ、韓国 および 台湾

4 :中央アメリカ、カリブ海諸国、メキシコ、オセアニア、南アメリカ

5 :アフリカ、旧ソビエト連邦諸国、インド亜大陸、アフガニスタン、モンゴル、北朝鮮

6 :中国本土

7 :予備

8: 航空機および旅客船などの国際領域での利用など

出典:wikipedia

 

だから、日本のDVDで日本盤DVDソフトを見る事が出来ても、リージョンコードが違うアメリカ盤のDVDソフトやアジアの韓国のDVDソフトは見ることが出来ないのです。

それが、今回、ニンテンドースイッチはリージョンロックフリー、つまり国境や地域を気にせず、世界中で楽しめるということですね。

ニンテンドースイッチのオンラインサービスで何ができるの?

オンラインサービスでは、スマートデバイスアプリと連携して、友達と遊ぶ時間の約束や、プレイ中のボイスチャットなどが可能なんです!

もっと具体的な内容や詳細がわかったら追記していきます。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*