googleアカウントが変更されました2月24日の復旧方法と原因は?

今日2017年2月24日に、アカウントを変更していないのに、Googleアカウントが強制的にログアウトされ、「googleアカウントが変更されました。セキュリティ保護のため、もう一度ログインしてください」と表示される現象が起きています。

関連して、Youtubeにもログインできないなどの事象がみられます。

もしかしてアカウントが乗っ取られたのでは?再度ログオンして大丈夫なの?と心配になってしまいますね。原因やトラブル解決方法など、どう対応したらよいのか、まとめました。

スポンサーリンク

「googleアカウントが変更されました」表示に戸惑っている人が続出

これは日本だけでなく他の国の人も影響を受けています。

「googleアカウントが変更されました」表示の解決方法

では、どうやってこれを解決すれば良いかというと、単純にログオンしなおせば大丈夫です。

「ログオンしなおしているのに、ログオンできないよー!やっぱり何か他の問題じゃないの?」

という人は、それこそ単純にパスワードが間違っているだけなので、落ち着いてパスワードを入れなおしましょう。

それでもログオンできない人やアカウント名もしくはパスワードを忘れてしまった人は、Googleの「ログインできない場合」のページに移動してみましょう。復旧方法をステップバイステップで教えてくれますよ。

Google アカウントにログインできない場合

(追記)

再ログオンしていいのか迷っていた方、アカウントのっとりじゃないかと心配していた方、ご安心ください!Googleから正式にアナウンスがでました。

googleアカウントヘルプ

この度、一部のお客様におきまして、Google アカウントが変更された旨の通知が送付されていることが判明しております。調査の結果、本メッセージはフィッシングやアカウントのセキュリティに影響するものではないため、ご安心ください。万が一、本通知をお受け取りになった場合、accounts.google.com から再度ログインしてください。パスワードをお忘れになった場合は、g.co/recover にてパスワードの再取得をお願いします。

「googleアカウントが変更されました」表示の原因

今回に関して言えば、たくさんの人が影響を受けているので、アカウントを乗っ取られた訳ではなさそうです。しかも日本だけでないので、推測ですが、Google側のシステムトラブルじゃないかしら?

「もしかしてSHA1のせいじゃ・・・?」と見ている人もいますが、まだGoogleから何も発表されていません。発表されたら情報を更新しますね。

googleアカウントのパスワードを盗まれないためには

複数のサイトで同じパスワード使っていると、パスワードを盗まれる可能性があります。

なので、今回の現象のようなことが起こると、アカウントを乗っ取られたのでは?と、ドキドキしてしまいますね。

そうならないように、Googleの2段階認証を有効にしておくことをおススメします。これを有効にしておけば、万が一パスワードが盗まれても、アカウントの不正使用を防止することが出来ますよ。

Googleの2段階認証プロセス

まとめ

2月24日の朝からみられた「googleアカウントが変更されました。セキュリティ保護のため、もう一度ログインしてください」表示への対応方法とその原因をチェックしました。

こういうときにあわてないように、2段階認証プロセスを有効にしておきましょうね!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*