尾道行くなら握り仏作り!どこの場所で作れる?予約は必要?

握り仏作り方

広島に旅行に行く予定だけど、何しよう?せっかくなら広島ならではの体験をしたい!そう思っている方におすすめなのは、尾道で体験できる「にぎり仏作り」。

握り仏って何?どうやって作るの?握り仏を作るにはどこに行けばよい?たくさんあるならおすすめはどこ?値段はいくら?予約は必要なの?どうやって行けばよい?などなどいろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

握り仏って何?

握り仏
出典:http://onomichi-miho.com/

ひとかたまりの土を棒に巻き付けて、手の中であたため心を込めてギュッと握ります。すると・・・なんと可愛い仏様の形が!

あとは、鼻と耳をつまんで顔を整えると、世界にひとつだけの仏様の出来上がり。

作った握り仏は、住職さんが窯で焼いて自宅に送ってくれます。

自分の手で作る、自分だけの仏様。愛着もひとしおですね。

この握り仏体験は、大人気で繰り返し訪れる方も多いんだとか。

握り仏はどうやって作るの?

誰でも簡単に作れて、所要時間は10分程度です。料金は1500円です(別途送料がかかります)。

円筒形の粘土が提供されます。
握り仏作り方
出典:http://onomichi-miho.com/

水に濡らした木の棒に粘土を巻きつけたら、願いごとを1つ強く念じながら、粘土を握ります。粘土棒に刺す理由は、抜いた時の穴が窯の中で効率よく熱を伝えるからだそう。

握り仏作り方
出典:http://onomichi-miho.com/

棒から土を抜くと手を合わせて拝んでいるような形が出来ます。くびれが、頭と体を分けているようになります。

握り仏作り方
出典:http://onomichi-miho.com/

お手本握り仏を参考に、福耳を作り、目と口を竹串で描きヘラで目と口を竹串で描き、仏様のトレードマークともいえる白毫を貼り付けて完成です。この白毫って、巻き毛らしいです。

握り仏作り方
出典:http://onomichi-miho.com/

握り仏を作れる場所は?

尾道の持光寺というお寺で握り仏作りが体験できます。他にやっているところはありません、ここだけです。

通年やっていて、予約はいりませんが、10人以上大勢でいく場合は事前に予約が必要です。

尾道駅から持光寺へのアクセス

持光寺は、尾道から10分程度歩いたところにあります。尾道七佛めぐりで一番目に行くお寺です。

尾道駅で降りたら、歩いて持光寺をめざします。

細い坂道を登り・・・

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

民家の脇をすり抜けると・・・

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

持光寺の門が見えます。

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

石門をくぐると、持光寺の本殿が見えます。

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

本殿の右側の道を歩くと・・・

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

建物の入り口に、握り仏の看板が見えます。

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

こちらの建物で握り仏が作れます。

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

受付で、木槌で石をたたいて呼びます。

持光寺行き方
出典:http://tabetainjya.com/

持光寺の詳細情報

住所:広島県尾道市西土堂町9-2
TEL: 0848-23-2411
地図:

まとめ

握り仏についてご紹介しました。

握り仏は、広島県尾道にある持光寺で作れます。

世界でたった一つの、自分で作る握り仏。おすすめです!

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*