オリオン座流星群2016神奈川で見える場所はどこ?方角や時間は?

今年もオリオン座流星群がやってきます。オリオン座流星群をどこに行けば見ることが出来るのか観測スポットや、いつ見るのが良いのか?などなど気になることをお届けします!

スポンサーリンク

オリオン座流星群とは?

オリオン座流星群は毎年10月頃に見ることが出来ます。

オリオン座流星群は、全流星群の中で二番目に速度が速い流星群なので明るい流星が多く、肉眼で観測しやすい流星群です。

2006年に突然活動が活発化し、1時間に50個以上も観測できていたことも。でも今は、その活発化状態が収束して20個程度になりました。

動画は、2012年に岡山県赤磐市の竜天天文台公園で撮影されたオリオン座流星群の様子です。すごーーい!映像で見るだけでも感動ものです。

 

オリオン座流星群2016年の観測に見ごろのピークの日時

2016年のオリオン座流星群の見ごろは、

 

(第一候補)10月21日(金)00:00~夜明け

(第二候補)10月22日(土)0:00~夜明け

 

極大時刻は10月21日14時頃なので昼間です。が、活動レベルは変わらないので,21日未明と22日未明が見頃になります。

 

オリオン座流星群2016年の観測条件は?

実は、残念ながらオリオン座流星群の観測条件は、あまりよくありません。10月21~22日は、満月過ぎの月明かりがあるためです。月を目に入れないよう工夫して見てみましょう。

とは言え、明るい流星数が多いのでぜひ見に行ってみてくださいね。

オリオン座流星群が見える方角は?

オリオン座流星群
出典:http://weathernews.jp/

 

実は、方角はどこでもかまわないのです。

なぜなら、流星は空全体を四方八方に流れるので、観測の時に注意して見るべき方角というものがありません。

放射点の目印になるオリオン座は、22時頃に東の地平線から昇り始め、深夜に高い位置に昇ります。放射点はオリオン座の左あたり。この放射点を中心にして、流星が放射状に流れます。

なので、オリオン座流星を見るときは、この放射点を中心に空全体を眺められるようにしましょう。

 

オリオン座流星群2016神奈川で見えるおすすめの場所

明るい市街地を避けることがポイントです。かつ、上で書いたように、寝転んで見られるところがいいです。神奈川でそのような場所で、かつ危険が少ない場所というと限られてきます。

 

横浜市の四季の森公園

展望台の斜面は、寝っ転がって空を見るのにちょうど良いです。

住所:神奈川県横浜市緑区寺山町291

 

三浦市の宮川公園

風力発電の風車のある公園です。24時間無料の駐車場があります。芝生の上にレジャーシートを敷いて寝転んで見れます。

住所:神奈川県三浦市三崎町六合1847-3

 

横須賀市の湘南国際村

ドラマのロケ地としても多く使用されています。夜空全体を見渡せるので、星空を観測するのにおすすめのスポットです。

住所:神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39

 

稲村ケ崎

「かながわの景勝50選」、「関東の富士見100選」にも選ばれています。サザンオールスターズのPV撮影や、かつて映画、稲村ジェーンの舞台などでも知られる場所です。

住所:神奈川県鎌倉市稲村ヶ埼1丁目

 

まとめ

オリオン座流星群を見ることが出来る観測スポットや、いつ見るのが良いのか?などなどご紹介しました。

10月中旬の夜中は寒いので、暖かい格好をして風邪を引かないように防寒対策をしっかりして、オリオン座流星群を見に行ってくださいね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*