まなびwith(小学館)の口コミ評判!タブレットもお試しできる?キャンペーンコードは?

まなびwithの資料請求

こんにちは!ママリフモ管理人です。

息子がもうすぐ小学一年生になるにあたって通信教育を始めようと、ありとあらゆる通信教育の資料を取り寄せては決められずに迷走していたところ、ようやく「こんなのが欲しかった、これだ!」と即決したのが【まなびwith】

今年4月からスタートする新しい通信教育なので、「興味はあるけど、どんなものなのかよく分からないな・・・。詳しく知りたい」と思っている方のために、

・実際に使った人のリアルな口コミや評判は、良いのか悪いのか
・タブレットを使うのか。使うなら事前にお試しできるのか
・小学1年生用お試し体験版の教材内容と、息子と一緒に使ってみた感想
・以前のドラゼミと何が違うのか
・他の通信教育との値段の比較
・安く契約するための方法(キャンペーンコードなど)

 

・・・などなど、実際に使ってみた経験を交えて、まとめてみました。

この記事を読めば、小学生向けのまなびwithのことが全て分かって、疑問をスッキリ解決できるように書きました。参考になれば嬉しいです☆

スポンサーリンク

まなびwithのみんなの口コミ評判に「これからの教育に対応してる」の声多数!

香川照之さん出演のテレビCM↓で大々的に宣伝されている、2019年4月から新しく始まる「まなびwith」。

どんな通信教育なのかな?と、口コミや評判が気になっている方が多いと思います。

まなびwithの体験版に入っていた資料に、実際に使った先行モニターの声が載っていたので、紹介しますね。

まなびwithの口コミ

「設問ごとに答え方を考えさせられるのが良い」

「問題の本質をイメージできるような導き方が良い」

「頭の整理や調べ学習のまとめにも役立ちそう」

「自分の考えを書く子供の真剣な表情に感動しました」

「語彙力や多角的な考え方が身につきそう」

「読解問題のヒントが効果的に取り組みやすい」

「コミュニケーション力アップにもつながりそう」

・・・と、総合すると、2020年の教育改革に合わせた内容であることがわかります。

 

が、まなびwithの資料なんだから、良いことしか書いてないに決まってますよね。なので、SNSで、実際に使ってみた人達のリアルな感想や意見などの口コミをチェックしてみました。

 

View this post on Instagram

 

フォロワーの皆様へ⠀ ⠀ 「まなびwith」の4月スタート告知について、たくさんのコメントをいただき、誠にありがとうございます。⠀ お子さんたちがこれまでドラゼミをとても大好きでいてくれていたことを実感し、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。⠀ ⠀ 教材からドラえもんがいなくなってしまうことで残念に思うお子さんや保護者の方が多くいらっしゃるだろうことは、⠀ 今回の改定にあたり、スタッフ一同、ずっと念頭に置いてきました。⠀ もちろん現在も、これからも、頭を離れることはないと思います。⠀ ⠀ だからこそ、今私たちにできることは⠀ 2019年春から始まる「まなびwith」が、子どもたちの将来のことを本気で考えた良質な教育教材であると皆さんに感じ取ってもらえるように、 より良いサービスを提供できるように、⠀ 全力で取り組んで行くことだと思っています。⠀ ⠀ 写真の無料教材サンプルセットは、⠀ 教材開発、制作、企画、会員サポートなど、これまでドラゼミに関わってきたスタッフ全員が、⠀ 子どもたちのこれからの学習について本気で考え、⠀ 一人でも多くの子どもたちに届いて欲しいという一心で作り上げたものです。⠀ ⠀ 会員の皆様にも、そろそろお手元に届きはじめる予定です。⠀ ※写真は、小1コース(上段)、年中コース(下段)を掲載しています。⠀ ⠀ ぜひ、お試しいただいて、そのご感想をお知らせいただけましたら幸いです。⠀ ⠀ みなさま⠀ 小学館の通信教育「まなびwith」を、⠀ どうぞよろしくお願いします。⠀ ⠀ #まなびwith #ドラゼミ #通信教育 #小学館

小学館ドラゼミ<公式>さん(@dorazemi_official)がシェアした投稿 –


「コメント6件をすべて見る」をクリックすると、コメントした方のメッセージが見えます。

 

View this post on Instagram

 

オフィシャルページよりリグラム。 ドラちゃんたちいなくなるそうな でもでも東大サークル【AnotherVision】による謎解きとか入ってくるみたいなので楽しみも これからも親子で楽しく【まなび】に向き合っていきたい✨ @Regran_ed from @dorazemi_official – ⠀ 【ドラゼミが、変わります】⠀ ⠀ 2019年4月よりドラゼミ・ぷちドラゼミは、 新たな通信教育『まなびwith』に生まれ変わります。⠀ ⠀ 2020年の教育改革に本気で向き合う通信教育として、年少・年中・年長コース、小1〜6コースの9年間一貫のカリキュラムを通し「自分で考え、ひらめき、つたえる力」を育みます。⠀ ⠀ まなびの力を育て続け、⠀ 子どもたちが将来自分の「やりたい」を「やれる」、そんな未来をつくっていきます。⠀ ⠀ 教材の詳しい内容、1週間分の無料教材セットのご請求についてはHPをご覧ください。⠀ ⠀ https://manabi-with.shopro.co.jp/ #通信教育 #ドラゼミ #ぷちドラゼミ #まなびwith #幼児 #小学生 #家庭学習 #小学館 #新学習指導要領 #教育改革 #教育が変わる前に変わろう – #regrann

Mi-nyanco Kume Johansenさん(@minyanco)がシェアした投稿 –

あとは、やっぱり、ドラえもんがいなくなるのが寂しいという声も多かったです。

まなびwithはタブレットを使う?お試しは資料だけ

ずばり、まなびwithはタブレットを使いません

まなびwithのタブレット

まなびwithは紙と鉛筆を使う手書きの学習を重視しています。

子供に紙を使わせるのか、タブレットを使わせるか、迷うところですよね~。どちらも一長一短、良い所と悪いところがある。

私個人の考えですが、少なくとも低学年の間は、鉛筆で手書きすることをしっかりマスターさせたいので、タブレット型は視野に入れていません。

だけど、タブレットを使った方が学習効果が上がるものもあるのは事実。タブレットも捨てがたいな~と思っていたら、まなびwithのオプション教材「with Qubena」がタブレット型でした。

まなびwithのタブレット

「with Qubena」とは、算数の反復学習を強化するタブレット型教材で、人工知能が「解くべき問題」を自動的に出題してくれるというもの。

「解くべき問題」っていうのは、過去の単元や前の学年の分野のつまずきポイントの原因を解決するための問題。

だから、算数の苦手箇所を克服できるまで、間違ったところを自動的にやり直すことができるんです!こういう機能は、タブレット型を使うメリットですよね。

ほかの教科と違って算数は、それまでに習得した内容を理解していないと次の単元の理解ができないんですよね~。だからこの機能は良いなと思いました。

小学1年生から中学1年生までの算数・数学に対応しているので、復習も予習もできます。

我が家の息子は算数が大好きなので、「with Qubena」なら、息子の興味やスキルに合わせて算数が学べる上に、抜けてるポイントもしっかりフォローしてくれるから、個人的にこれはポイント高かったです。

「with Qubena」のオプション費用は、なんと月々たったの500円!「Qubena」単体の料金は1950円するから、毎月1500円近くもお得です。

ちなみに、タブレットはiPadのみ対応で、パソコンや、iPhone、Androidには対応していないので、ipadを持っていない人は別途用意する必要があります。

そして、出来れば「with Qubena」も入会前に使ってみたいところですが、残念ながら、資料請求して届くお試し教材は紙のものだけで、お試しはできません

 

話はまなびwithに戻り、余談になりますが、タブレット学習はないものの、勉強が楽しくなるようなデジタルコンテンツがインターネットにたくさん用意されています。

まなびwithのデジタルコンテンツ

・学習カレンダー&おたのしみパズル

・テストの記録

・まなびチャンネル

・まなびダウンロードプリント

・学習ゲーム

・デジタル版・図鑑NEO

・キッズナレッジ

・デジタルライブラリー

 

ね?学習の管理ができるものから、図鑑までと幅広い。

親としては、ゲームするなら少しでも勉強につながるものが嬉しいし、図鑑や学習まんがまで見ることが出来るのがかなり魅力的です~☆

まなびwithお試し版を使ってみた!ドラゼミとの違いは「ドラえもんがいない」「思考力を伸ばす教材」

資料請求して送られてきたお試し版を使ってみた体験談と、ドラゼミと何が違うのかチェックしてみたのでまとめてみます。

まなびwithは他の通信教育と何が違うの?

通信教育教材っていくつかあるけど、まなびwithは他の教材と何が違うかまとめてみました。

・国語・算数の基本的な学習内容に加え「作文」「読解」「文章題の図化」「図形」に力を入れたオリジナル教材

・文章読解学習や、小学校の授業だけでは習得しにくい論理的思考力を育てるパズルのような問題に取り組む

・教科書準拠ではないので、学校の進度を気にすることなく、子供のペースで計画を立てて進めることができる

 

学校の授業の範囲はもちろん、思考力を伸ばすための教材、それがまなびwithってことですね!

新しい大学入試制度では、自分の考えを書く記述式が増えるらしいので、作文があるものを探していました。必須科目になるプログラミングにつながる論理的思考を養えるのも、魅力的です!

じゃあ、具体的にどんな教材なのかを見ていきましょう。

まなびwithに資料請求して届いた教材

まなびwithに資料を請求すると、こんな資料と教材が届きました。

まなびwithの資料請求

まず、まなびwithの柱がこちら。

まなびwithの資料請求

「「まなびwith」は、教育の変化に対応し、未来を生き抜くために必要な3つの力を育てます。」

その3つの力とは、

・かんがえる力
・ひらめく力
・つたえる力

2020年の教育改革で必要になる、こういった点数では計れない力を伸ばす教材なんですね~。

そして、まなびwithのすすめ方はオーソドックスなスタイル。

まなびwith資料請求

まなびwithのすすめ方

1.全月末に教材が届く2.月初~月末に教材に取り組む

3.月末に添削テストを提出する

4.1週間後に、担当の先生が添削してくれたものが郵送で返ってくる

 

添削されたものと一緒にシールが同封されていて、それをためるとプレゼントが貰えるという仕組みで、子供のヤル気を引き出してくれます。

そして、毎月届くワークブックは、以下の5つ。

・算数
・国語
・英語
・思考の達人
・『ナゾトキ学習』「AnotherVisionからのちょうせん状」

ワークブック以外の教材は、お試し資料に入っていませんでした。なので、ここではどのようなワークブックだったのかをご紹介しますね。

先に私の感想を言ってしまいますが、ワークブックは、問題から応用問題までしっかりカバーされていて、しかもしっかり頭を使って考える必要がある問題もあり、良問ぞろいで面白いと思いました。

特に、授業ではやらないような謎解きやパズルは、ぜ~んぜんお勉強という感じがなく、私も子供もワクワクしながら出来て、やってて楽しかったです。

基本的な問題ももちろんあるのですが、それはどこでも一緒かと思うので、ここでは応用問題を見ていただこうと思います。

まず、こちらは算数。25マス計算がついてます。

まなびwithの資料請求

そして、これは国語の作文問題。まなびwithは作文にも力を入れています。

まなびwithの資料請求

これは、思考の達人。その名の通り、思考力をアップさせてくれそうな問題です。

まなびwithの資料請求

これは名探偵コナンの謎解き教材。子供ってなぞなぞとかクイズが好きですよね。私の息子も、「面白そう~、やりたい!」って食いついてきました。

まなびwithの資料請求

さらに、小1コースでは、入会時にこちらの特別教材がもらえます。
・ひらめき平面図形パズル(タングラム)
・ひらめき立体図形ブロック
・小学漢字マスターブック1026字
・さくぶんテスト(年2回)

ドラゼミとの違いは?思考力を育てるための教材って何?

ドラゼミと大きく違うのは、2点。

・キャラクターにドラえもんが使われなくなり、代わりにオリジナルキャラクターや名探偵コナンが使われる

・思考力を育てるための教材「思考の達人」が付いてくる

 

ドラえもんがいなくなってしまうのは大きいですよね~。これまでドラゼミを取っていた人は、ドラえもんがいたからやっていたのに・・・寂しい!という声をたくさん見ました。

管理人の息子も、ちょうどドラえもんブームなので、ドラえもんが残ってくれてたら、子供のモチベーションがもっと高かっただろうな~と残念です。

さて、思考力を育てるための教材『思考の達人ツール』では、考えを整理して深めるために使う図を学びます。具体的にはこういう図。

まなびwithの思考の達人

最終的には6年間で10個の「思考の達人ツール」を使いこなせるらしいです・・・スゴイ!

こういう図を使って自分の考えを見える化して整理できるようになれば、論理的思考が身につきそうですね~。プログラミングに必要なスキルにもつながるし、子供のうちからこういった経験ができるなんて貴重だな~と思いました。

また、会報誌「月間わくわく研究所」も「ドラゼミ」にはなかった教材で、内容は、名探偵コナンの謎解きなど、子供の好奇心を煽る内容でした。

こんな感じで、まなびウィズには子供がやりたくなる仕掛けが盛りだくさんでしたよ~。ウチの息子は、「これもやりたい、これも・・・!」と次々にやって、あっという間に終わらせてしまいました。

なので、これなら続けられるなって思ったので、私はさっそく契約しちゃいました。

あなたも、実際にお子さんにお試し教材を渡して、どんな反応をするのか見てみてから決めるといいと思いますよ!

 

まなびwithの1週間お試し教材を申し込む(無料)⇒【まなびwith公式サイト】

まなびwithの1ヶ月あたりの料金は3,000円ちょっとだけ!Z会、進研ゼミと値段を比較してみた

継続しやすい料金かどうかも通信教育を選ぶときのポイントの1つですよね!

まなびウィズの料金は、学年と支払い方法によって違います。例えば1年生の場合、

・毎月払い:3,618円

・6ヶ月一括払い:20,262円(1ヶ月3,377円)←毎月払いより6か月で1,446円お得!

・12ヶ月分一括払い:39,804円(1ヶ月3,317円)←毎月払いより12か月で3,612円お得!

 

・・・と、12ヶ月払いだと、約1か月分タダで受けられる計算になります。

なお、開始月号によって「6ヶ月分一括払い」「12ヶ月分一括払い」の金額が違います。

まなびwithの公式サイトには、料金のシュミレーションがあります。受講したい学年と開始月を選択するだけで、簡単に料金を確認できますよ!

シュミレーションで料金の確認をしてみる⇒【まなびwith公式サイト】

 

さて、1ヶ月3,000円ちょっとって、他の通信教育教材と比べて安いのか高いのか、チェックしてみました。対象は、タブレットを使わない通信教育で大手の2社、Z会と進研ゼミです。

1ヶ月あたり 教科
まなびwith 3,317~3,618円 算数、国語、英語、思考の達人
Z会 3,922~4,924円 算数、国語、英語、みらい思考力ワーク(オプション)
進研ゼミ 2,705~3,613円 算数、国語、英語

 

では、それぞれ詳しくチェックしてみますね。

まなびwithとZ会の料金比較

まずはZ会。Z会は学年と支払い方法、そして、受講内容によって違いますが、1年生で、12ヶ月払いの場合、

スタンダード: 3,922円
ハイレベル: 4,256円
スタンダード+『みらい思考力ワーク』: 4,590円
ハイレベル+『みらい思考力ワーク』 :4,924円

となります。

スタンダードとハイレベルは、どちらも、国語・算数・経験学習(理科と社会の種まき)の3教科。

もし、まなびwithと同じような思考力系の問題も受講するなら、『みらい思考力ワーク』を追加が必要で、4,500円~5,000円弱しますね。

まなびwithと進研ゼミの料金比較

次に、進研ゼミをチェック。進研ゼミは、紙を使ったチャレンジとタブレット学習のチャレンジタッチがありますが、まなびwithと同じ紙のチャレンジ1年生の料金を見てみました。

毎月払い:3,343円(6月号以降は3,613円)

6か月分一括払い:18,084円(1ヶ月あたり3,014円)10月号~3月号は、19,440円(月あたり3,240円)

小1・4月号から 12か月分一括払い:32,460円(1ヶ月あたり2,705円)

 

料金だけを見ると、4月からはじめて12ヶ月一括払いにした場合は、進研ゼミが一番安いです。でも、6月号以降は、3,240円または3,613円なので、まなびwithとほとんど同じ料金です

しかも、進研ゼミの教材は、国語・算数・英語の3種類。まなびwithは、国語・算数・英語・思考の達人の4種類ですから、進研ゼミよりもお得ですよね!

まなびwithのキャンペーンコードは?福利厚生などで安くなる方法がある!

入会するなら、お得に安く入りたいですよね~。

キャンペーンコードや福利厚生などの割引があるか、チェックしてみました。

キャンペーンコード

まなびwithに確認してみましたが、2019年2月現在、キャンペーンコードを使ったキャンペーンは行っていないそうです。

ただし、今後あるかもしれませんので、情報が分かりましたら、情報を更新しますね。

福利厚生

勤務している会社の福利厚生で、ベネフィットステーションやリロクラブを使っている方は、まなびwithの会費が1割引になります!

割引を適用してもらう手続き方法はカンタン。インターネット入会時に、福利厚生の
・サービス名
・会員番号/会員ID
・会員名

を入力するだけでOKです!

その他のキャンペーン

2019年2月現在、実施されている割引キャンペーンは下記のものがあります。

・4月号無料キャンペーン(6ヶ月分一括払い、または12ヶ月分一括払いで、3/22までに4月号から入会した人)

・4月号入会プレゼント(「いつでも学習ファイル」がもらえる。小学1年生は、さらに子供の名前をプリントした「お名前シール」も!)

・ごきょうだい・お友だち紹介キャンペーン(紹介者と紹介によるご入会者全員に、500円分の図書カードがもらえる)

・「まなぼうず お道具箱セット」プレゼント(年少、年中、年長コースのいずれかに12ヶ月分一括払いで入会した人)

 

キャンペーン内容は、その都度新しいものが出てくるので、最新の情報は、公式サイトで確認してみてくださいね!

最新のキャンペーン内容を確認してみる⇒【まなびwith公式サイト】

まなびwithの退会方法は簡単!返金・返品保証はあるの?

まなびwith退会方法

まなびwithの最短受講期間は3ヶ月なので、3ヶ月後から退会することができます。

退会するには、退会を希望する前の月の5日までに、受講終了届けを提出します。

12ヶ月分や6ヶ月一括払いをしていた方が、途中で退会する場合、期間に応じた金額を差し引いて返金してもらえます。

また、教材の乱丁、落丁、不良品や、配送時の破損など、まなびwith側の理由の場合は、送料無料で返品・交換してくれます。

自己都合の場合の返品や交換を対応してもらえるかどうかは、まなびwithのフリーダイヤルかホームページから問い合わせる必要があります。

まなびwithまとめ

いかがでしたか?

2019年4月から新しく始まる、小学館の通信教育「まなびwith」の口コミや評判、その他気になることをまとめました。

4月号が3月下旬に教材が届くので、そしたらまた情報を更新する予定です。気になる方はこのページをブックマークしておいてくださいね。

「まなびwith」がどういう通信教育なのかをまとめると・・・

・1日の学習時間は、学年×10分
・通信教育ではじめて「思考の達人」ツールを導入。パズルや謎解きなどで楽しく「思考力」を育てる
・紙と鉛筆を使った学習+好奇心を高め、理解を深めるデジタルコンテンツも充実
・3ヶ月お試し後に退会OK

 

4月18日までに申し込めば、4月号からスタートできますよ。

そして今なら、3月22日までに申し込んで、6ヶ月払いもしくは12ヶ月払いを選べば、4月分が1ヶ月無料になります。

しかもリビング学習に便利な、パーテーション代わりになる「いつでも学習ファイル」がもらえます。

 

ウチの場合は息子が小学校1年生で、低学年のうちは特に「勉強って楽しい!」っていう経験をたくさんしてほしいなって思って、それができる教材を探していました。

あなたも、実際にお試し教材をお子さんと一緒にやってみて、まなびウィズのワクワクを体験してみてくださいね!

 

まなびwithの1週間お試し教材を申し込む⇒【まなびwith公式サイト】



スポンサーリンク